中高年の夫婦生活

勃起しにくいと感じたら

 

勃起しない

気持ちはあるけど体が付いてこない、中高年にはよく聞かれることです。

 

妻とベッドインするときには、勃起しているがいざ挿入しようとしたらうまくいかない、もしくは挿入するとすぐに出てしまう。

 

中高年の夫婦生活でよくある問題です。

 

前者は勃起障害、後者は早漏と呼ばれています。

 

男性にとっては三つのうち目も歯も良くて哀れなりという言葉がりますが、まさしくそれです。

 

妻と夫婦生活したいという気持ちはあるのに、体が言うことを聞かないのです。

 

しかし、このような症状はその気持ちがあれば回復することができます。

 

まずは、お近くで勃起障害を専門にしている泌尿器科の門をたたいてください。

 

今ではインターネットで調べればすぐにわかると思います。

 

恥ずかしいという気持ちがるかもしれませんが、妻を喜ばせてあげたいという気持ちがあればその恥ずかしい気持ちはすぐになくなるはずです。

 

最近では、勃起障害の治療にそろって泌尿器科へ訪れる夫婦も多いようです。

 

診察は主に問診ですので、妻は言ってみれば一番症状を知っている人になるわけです。

 

さらに医学の進歩もあり、最近では勃起不全や早漏は勃起薬を投薬するだけで、簡単に回復できるようになってきています。

 

若いことの勃起力を取り戻して、また妻の喜ぶ顔を見たい。そんな男性が今急増しています。