中高年の夫婦生活

剥き癖で包茎が治る

包茎

男性自身の大きさや包茎の改善のことを調べると剥き癖という言葉がよく出てきます。

 

しかしこの剥き癖に関してですがいろいろと意見が分かれているようです。

 

剥き癖を付けると、ペニス自体が大きくならない、余った皮の部分がなくなることはないので根本的な解決にはならない。

 

無理に剥くことでペニス自体がむき出しになるので、雑菌が付きやすくなり、表面に小さな傷ができやすくなるのでよくない等の情報を目にします。

 

それとは反対に剥き癖を付けることで、亀頭部分が露出されそのことによって、どんどん亀頭自身が大きくなり自然と包茎が改善されるという情報もありました。

 

こんなに情報が交錯するとどれを信じていいのかわからなくなってしまします。

 

なので、さらに深く情報を読み解いてみて、結論を出してみました。

 

それは、剥き癖は成人する前に、できれば幼少期につけておくのがいいということです

 

成人した時点で包茎の方は、今から剥き癖を付けてもあまり効果でないようです。しかも先に記述したように、雑菌や傷という悪影響も考えられるようです。

 

しかし幼少期の頃から剥き癖を付けることで亀頭が大きくなるという効果が期待できるといいます。

 

日本ではあまり文化はありませんが、海外では割礼という文化があり、男の子は生まれた時にペニスの包皮の一部を切除する風習があります。この目的は主に性病の予防とされています。さらに宗教上の理由もないことはありませんが昔の人の知恵なのかもしれませんね。

 

さらに包茎の男性とそうでない男性の性的満足に達する時間を比べると、絶対的に包茎でない男性のほうが長いのです。

 

要するにエッチに強いのは包茎でない人だということです。

 

男性なら誰しも女性よりも先に性的満足を味わうものかと考えたことがあると思います。

 

そう考えるなら包茎は不利なだけでメリットがないので改善する対策を考えたほうがいいでしょう。

 

剥き癖以外で包茎を完全しようと考えているなら、サプリメントなどで亀頭を大きくできるものもあるようです。

 

これなら、成人になってからも大丈夫ですのでお勧めできる方法です。

 

そのほかには血胸料金はかかりますが医療クリニックなどで包茎治療しているところがあるので、一度診察に行ってみるのも悪くないかもしれません。