中高年の夫婦生活

自分で性処理

 

オナホールではどんなにふにゃちんでも使うことができるようで、きちんと気持ちよくなることができるようです。

 

先に奥さんに先立たれてしまって、とってもさみしい生活が続いてる男性が、最初はいたずら半分という気持ちで始めたようです。

 

その男性にとってはこのオナホールはとても人生の喜びを感じることのできるいいアイテムになりました。。

 

この年代になると、普通はオナニーなんかしないという人が大半を占めますが、この人のように妻に先立たれてしまうと、そんなにど違和感もないものです。

 

若い人の中にも、にもすでに結婚していても、オナニーだけはやめることができないという人もいます。

 

このことからもわかるように、オナニーと女性とのエッチには違う要素が含まれているのです。

 

きちんとした肉体的な絶頂を得るのはエッチよりもオナニーだという人も統計では多いようです。

 

これは、相手がいることにより相手の反応をうかがいながらの行為になるということで、絶頂に集中することができないのではないかと私は考えています。

 

男性ではあまり聞かれませんが、女性の中では絶頂はエッチよりも一人でするときのほうが確実に得ることができると答える女性が多いのです。
男性と女性とでどうしてこんなに意見が食い違うのでしょう。

 

それは、女性の場合は男性と違い受け身であることが多いからということが原因です。

 

男性の方はあまり気にせずにエッチに没頭することができます、極端なことを言えば、自分のことだけを考えてエッチしている人も少なからずいるでしょう。

 

しかし女性の場合には常に男性のアクションを常に受け続けなければいけないので、常に自身の絶頂に集中することができにくい環境なのだと言えます。

 

そのあたりをお互いに理解したパートナー同士なら、お互いに絶頂を味わえる生活を送ることができるようになることでしょう。